腸内フローラ検査

 

ちょっと前になりますが、「腸内フローラ検査」を行ないました。

 

3740016

腸内フローラとは、腸内細菌のことです。
人間の腸内には、約3万種類、100兆個〜1000兆個の細菌が生息していて、重さにすると1.5kg〜2kgの重量になるとのこと。人間の細胞は60兆〜70兆個と言われていますから、すごい数です。
なんと、糞便の約半分は、腸内細菌またはその死骸だそうです。びっくり。驚きです。

約10mの腸の内面を広げるとテニスコート1面分くらいになって、まるでお花畑のようにさまざまな種類の細菌類が生息していることから「腸内フローラ(花畑)」と呼ばれているとのこと。
腸内細菌は、善玉菌、悪玉菌、日和見菌に分類され、そのバランスが良ければ健康であり、バランスが崩れると、心身に悪影響を及ぼす。「心身」、つまり、心と体。体だけでなく、心、意識にも影響があるのです。

 

実は、ここ10年ほど「尋常性乾癬」の発疹に悩まされていました。皮膚科にもらった薬はほとんど使わず、さまざまな代替療法を試したものの、症状は良くなったり悪くなったりの繰り返し。
発疹が出るのは主に脛と肘のあたりでした。ところが、今年の梅雨の頃、背中にまで広がり、ボリボリ掻くようになってしまいました。
こりゃたまらんと困っていたところ、ある時、ふとしたことから、腸内環境を整えることで乾癬治療を行なっている病院のことを知り、さっそく・・・というのが、腸内フローラの検査をしようと思った経緯です。

医療法人社団癒合会
乾癬治療のページ

 

Img_8193

検査の結果、さまざまなことが分かりました。
乾癬関連では、やはり肌荒れしやすい腸内環境になっていました。

さらに血液検査を行って私に最適な乳酸菌(アシドフィルス菌)を判定し、現在それをサプリメントとして摂取しています。
半年間続ければ、ほぼ定着するとのこと。(体質に合わない乳酸菌を摂取しても、ダイレクトな効果は期待できないそうです)。

そろそろ1ヶ月になります。乾癬の症状は、かなり治っています。便通も快適。
これからが楽しみです。

あと、ノンメタル歯科治療もやりました。これは完了。同時に、体内に蓄積されている重金属などのデトックスもセットで。

 

さらにもう一つ、「12項目遺伝子検査」というものもやりました。
これがまた面白い。
私の場合、一番注意すべきことは、遺伝子体質的に「葉酸」が不足しやすいことでした。

  は? 葉酸?

葉酸は水溶性ビタミンの一種。細胞の分裂や繁殖にも関係しているため、妊活中や妊娠中の女性には必須のビタミンと言われています。

葉酸代謝能力が低いと、ストレスによって心身にダメージを受けやすく、心の病への罹患率も高くなることがわかっているとのこと。
さらに、血液中のホモシステインが分解されにくいため、動脈硬化、認知症、骨折、脳梗塞などのリスクが高まることもわかっているらしい。

げげっ・・・。

さっそく葉酸のサプリメントを購入しました。
これです⇒ LIFE STYLE B-50 コンプレックス(葉酸400μg配合)

 

遺伝子は持って生まれたものですが、「遺伝子3割、環境7割」と言われるとおり、生活習慣などのあり方次第で、リスクを減らしたり、可能性をさらに高めたりすることができるとのことです。

例えば私の場合、遺伝子検査では「歯周病」になりやすい傾向にあるのですが、腸内環境は「歯周病が進行しにくい状態」にありました。
また、遺伝子検査では葉酸の代謝能力が低いので、ストレスに弱い傾向にあるのですが、腸内環境は「ストレスに強い状態です」とのこと。

 

筑波大学名誉教授の村上和雄先生は、「思いが遺伝子の働き(オン・オフ)を変える」と言っていますね。私も、そう思います。
「笑い」「祈り」・・・先生は、「心が体を治すということを証明していきたい。」という思いで、活動を続けておられます。

 心と遺伝子研究会

 

「心」「体」「エネルギー」・・・3つの方向からのアプローチが必要だと、私は思っています。

 

知らなかった! 日本人チベット医(アムチ)

90534

日本オーガニックレストラン協会(代表理事:南清貴)の設立3周年特別企画で、「小川康」さんという方のセミナーに参加してきました。
チベット医学というものがあることも、小川康さんという方もまったく知らず、予備知識なしで参加。驚きの連続!

小川康さんは、インドのダラムサラにあるチベット医学歴法学大学(メンツィカン)に、苦労の末にチベット圏以外の外国人としては初めて入学を許され、日本人の常識からは想像もできないような厳しいカリキュラムをクリアして正式に認定された、日本で唯一のチベット医(アムチ)。
セミナーでは、メンツィカン在学中の逸話などを交えながらチベット医学について紹介されたのですが、一番興味を惹かれたのは、薬草採取実習の体験談。これが、すごい!
夏の1ヶ月間、標高3000m〜4000mのヒマラヤで、キャンプしながら毎日薬草採取をするのです。怪我だけでなく時には死人が出るほどの過酷な実習。

セミナーの後、小川さんの著書『僕は日本でたったひとりのチベット医になった ヒマラヤの薬草が教えてくれたこと』を購入。
面白い! 一気に読みました。

【同書から引用】
チベット医学は、中国医学、アーユルヴェーダ(インド伝統医学)、ユナニ医学(イスラム伝統医学)とともに東洋四大医学に数えられている。チベット仏教に根ざした精神医学であり、八世紀に医聖ユトク・ユンテン・ゴンポ(以下ユトク)によって編纂された『四部医典』(チベット語でギューシ)を教典とし、その名のとおり四つの部門から成り立っている。脈診・尿診が発達しており、生薬をもちいて治療を行い、その生薬は「アムチ」と呼ばれるチベット医がみずからヒマラヤ山中にわけいって採取してくる。アムチは『四部医典』をすべて暗誦しなくてはならない。

※この『四部医典』の暗誦がすごい。ギュースムという、卒業時の暗誦試験では、八万字の四部医典を皆の見守る中で3〜4時間、ぶっ続けで早口で暗唱するという。一種のランナーズハイのような状態になるらしい。

【小川康】
1970年生まれ。富山県出身。東北大学薬学部卒業。
1999年、インドに渡ってチベット語を学び、2001年、メンツィカン(チベット医学・暦法大学)に合格。2009年、チベット医の資格を取得し帰国。「チベット医学・薬草研修センター」を設立。2013年4月より早稲田大学・文学学術院・国際教育学修士課程に進学。
2014年より信州の上田・小諸・佐久地域の山々を舞台とした「森のくすり塾」を開塾。

マイクロバブルシャワーヘッド

Bollina_1 本日、注文していた、マイクロバブルシャワーヘッド「アリアミスト Bollina(ボリーナ)」 が届きました。
この商品、岐阜県の田中金属製作所というところが特許取得した「マイクロナノバブル発生装置 μ-Jet 内蔵」のシャワーヘッド。
8月6日放送のガイアの夜明けで紹介されていました。
保湿効果、保温効果、節水効果、洗浄効果が高まるという優れもの。
さっそく取り付けました。水が柔らかいです。今日からお風呂が楽しみです。

実は、年齢のせいか、一時期、膝からくるぶしの間が乾癬(かんせん)になっていると診断されました。改善しましたが、今でも冬は乾燥ぎみで痒くなり、掻いて血のにじむこともあります。お肌に良いものは、シャンプー、石けん、クリームなど、いろいろ試しています。
このシャワーヘッドで、どれだけの効果があるか、期待しています。
頭皮の乾燥は、持田製薬の「コラージュフルフルネクスト シャンプー」に替えたら、劇的に改善しました。何年も困っていたのか嘘のように治りました。同時に、爪が脆くなりつつあったのも元に戻りました。いままでのシャンプーの、いったいどんな成分が皮膚や爪に合わなかったのか・・・。
ともあれ、年齢とともに、健康には気をつけるようにいたします。

田中金属製作所⇒    ガイアの夜明け(8/6)⇒