« 「人生、ここにあり!」 | トップページ | いしいひさいち大先生 »

「つよく やさしく うつくしく」

すごい人がいた。知らなかった。
1913年生まれの99歳。女性現役、柔道家。
サンフランシスコで道場を開いている。

講道館の創設者、嘉納治五郎先生(1860-1938)の直弟子。
22歳、講道館女子部に入門。
1964年、東京オリンピックで「柔の形」を披露。
1966年、柔道指導のため、単身サンフランシスコに渡る。
ヨーロッパ、カナダ、オーストラリア等でも教えてきた。
アメリカの市民権も取り、柔道を教えて現在に至る。
2006年、山口香さんの尽力で40年ぶりに帰国し、講道館で講演。

『つよく やさしく うつくしく : 99歳女性十段が世界に広めた、なでしこの心』
――今も現役!99歳女性十段最後のメッセージ。

53歳の時に単身渡米!――すごいです。
アメリカでは、今年の春、福田先生のドキュメンタリーが公開されたそうです。

 

 

小学校3年生から高校3年まで柔道をやっていました。小学校の頃は町道場に通い、中学・高校は柔道部。楽しい思い出です。鎖骨を骨折したこともありましたが。(自分の話)

大学浪人中、ブルースリーの映画「燃えよドラゴン」が大ブーム。翌年、大学に入学するや、少林寺拳法部に入部。二年間やっていました。大山倍達の極真空手も流行っていたころです。

浦沢直樹さんの「YAWARA」は、文庫本になっていますね。
なんと、小林まことさんの「柔道部物語」も、文庫本になっていました。
二つとも大好きなマンガです。 

  

警察小説「安曇班シリーズ」で有名になった今野敏さんは、格闘技好きというか、本人も空手の先生をしています。格闘技を題材にした架空の物語もがいていますが、実在した格闘家をモデルに小説を書いています。どちらも面白い。

« 「人生、ここにあり!」 | トップページ | いしいひさいち大先生 »