« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

名勝負(?)

たまたまテレビを観ていたら発見。幼児のテコンドー・ダンス。
大傑作。大笑い。可愛い。涙が出る。YouTubeにありました。

 

トミー・ウンゲラー

娘がフランス旅行から帰ってきた。
一人旅だったので心配だったが、なんとか無事に。

パリの美術館めぐりが目的だったとのこと。
そんな中、ドイツとの国境の街、ストラスブールにある
Tomi Ungerer美術館」を訪問したらしい。
なかなかよかったとのこと。

トミー・ウンゲラー(アンゲラー)は、 児童文学作家、デザイナー、イラストレーター。「すてきな三にんぐみ 」が有名。
娘は子供の頃からのファンだったらしい。
(「…だったらしい」というセリフを連発するところが、何とも情けない親父である)。

市場の厨房

築地市場 市場の厨房  その名の通り、築地市場の中にある食堂です。
 南側というか、浜離宮に近い方の、青果市場の中にあります。

 「市場の厨房(いちばのちゅうぼう)」

Hokke 仕事で汐留に行ったときに、昼食で案内してもらいました。
ランチメニューでしたが、海鮮丼やら焼き魚やら豚汁やら天ぷらやら、どれもこれも美味そうで…。
本日の日替の中から、好物の、ホッケの開きをいただきました。
900円也。ボリューム満点。朝6時からの営業、とのこと。

明日から札幌です。ヘミシンク・セミナー
まだまだ寒そうです。

びわ湖でマクロ美

Otsuwarms_2763

3月10日から12日まで、岡山に帰省していました。
岡山では母がひとり暮らし。

途中、私の妹のいる滋賀県大津に立ち寄り。
岡山から来る母と、京都で合流。
そのまま大津まで。

Otsubiwa_2762 大津では、琵琶湖畔のレストラン「なぎさWARMS」で昼食。
マクロビオティック。
なかなかおしゃれで、まったりしていて、いい感じ。
対岸に、頂に雪を冠った比叡山が見えていました。

妹が、大往生したけりゃ医療とかかわるなを読みたいというので、読み終えたばかりの本を持参。

なぎさWARMS オーガニックカフェ&レストラン 同系統の本では、9割の病気は自分で治せる (岡本裕)がいい。
さらに、ガンと闘う医師のゲルソン療法―自らのガンを克服した精神科医が選んだ究極の栄養療法」 (星野仁彦)。これは目からウロコ。
この2冊の本のおかげで、どれだけ助けられたことか・・・。
感謝に堪えません。
星野先生の講演会にも行きました。熱く、陽気に、楽しい語り口。生きる元気が出てきます。にんじんジュースも続けています。