« 小田急ロマンスカー | トップページ | ヨガファーム »

電車で読書

昔から、移動中の電車の中で本を読むのが習慣になっています。

住んでいるのが練馬区光が丘なので、都心に出るときはいつも都営大江戸線を使っています。
とくに火曜日は、午前中に汐留で仕事をし、午後別件があれば移動したり、何もなければいったん家に帰って、夜のヨガレッスンのために代々木に行きます。

さて先日の火曜日、佐野洋子さんの本を、ほぼ電車の中だけで読み切りました。非常に面白かったです。しかし、やばかったです。笑いをこらえるのが。はっと気づくとニヤニヤしていて、やばいやばいと。

タイトルは、「コッコロから 」(講談社文庫)。カミさんと娘から是非にと薦められて読みましたが、うんうん、なかなか面白い。しばらく共通の話題ができました。

今日から読みはじめたのは、「ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女」(上・下)(ハヤカワ・ミステリ文庫)。スウェーデンのベストセラーです。読み始めてすぐにハマリました。三部作で、火と戯れる女」「眠れる女と狂卓の騎士」と続きます。当分の間、楽しめます。

2009年には映画化され、大人気だったとのこと。DVDも売られていますが、我慢して、読んでから買うことにしましょう。現在、ハリウッドでリメイク版が制作されており、来年2月公開とのこと。

« 小田急ロマンスカー | トップページ | ヨガファーム »